水泳とチョコレート


by yuzurhythm

カテゴリ:水泳( 126 )

「72秒間の大冒険」

レース前日の夜

ホテルの部屋で恒例のミーティング

参加した4人のマイトがそれぞれ

今回の関東冬季にかける思いと目標を確認する


妄想家の俺は、妄想を口にする

ひよっとしたらこれくらいのタイムがでるのでは??

と考えているうちに、だんだん出せるような気がしてくるのが妄想家のいいところ、悪いところ






会場のさがみはらグリーンプールはかなりいいプール

アリーナ席も広いので

4人しか参加しない我々の大学の席もゆったりと用意されていた


いつものようにアップをして

いつものように飛び込みの確認


レースの前はいつも不安と緊張といったネガティブなものと

そして抑えきれない高揚感が交じり合った気持ちになる


マイトのレースを応援する

ベストが出て喜びを分かち合う

そして自分だけベストが出なかったら…とわずかながら頭をよぎる


いつものように

ストレッチをしながら音楽を聴く

音楽を聴きながらストレッチをする

「ながら」だが、どちらも大切な時間


最近MEGARYUのDay by Dayが

静かに気持ちを高めてくれる

~思い込んでいる得手不得手なんて大したことじゃねぇ

傷つくこと恐れないで広げよう可能性~

コンプレックスってなんだろう?と前向きになれる


そしてレース

こころなしか25mが短く見える気がする

きっと自分は調子がいいんだと思い込む





200mはタッチして電光掲示板をみたとき

自分のタイムかどうか疑わしくて

呆然としてしまいガッツポーズも出なかった

今考えるともったいない



100mは文句なし

妄想どおりの大ベスト

心臓から突き上げるような衝動

気がつけば大きな声で叫びガッツポーズをしている




全部終わって見上げる天井

にやけた顔が元に戻らない

可笑しくて笑いが止まらない

たった3秒でなにができる?クソの役にも立たねぇか?


俺はこんな気持ちを味わえる

たった3秒でこんな気持ちが味わえる

すっげー眩しいライト

周りの全てをかき消すくらいにうるせー心臓の音

はっきり言って




















面白すぎて水泳がやめられねー




c0093167_1414745.jpg




関東冬季(短水路)結果

200mBr 2:45.75  BEST
100mBr 1:12.85  BEST
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-13 14:03 | 水泳

がんばろー

自分でいつのまにか まぁいいかって投げやりになっていた

目を輝かせていた頃の思いとは違う場所にいる今

過去を後悔するよりも大切なのは現在

願う気持ちに限界はない未来の結果ばっか気にしない

もっともっとしたいよう心ゆくまで後退りせず立ち向かえ

Day by Day 新たな世界へ

思い込んでいる得手不得手なんて大したことじゃねぇ

傷つくこと恐れないで広げよう可能性

流れてく時のスピードに負けないように立ち止まってしまわぬように

まだ出口まではほど遠い 闇のトンネル駆け抜ける

踏み出す一歩が力を生み出すから迷わないで

走り出せ明日へと 明日へと



~Day by Day~MEGARYU  
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-12 08:29 | 水泳

「いざ神奈川へ」

ポリクリ終わった週末だ!!

いざ神奈川だ!!

目的は大ベストをかまして、最高にハッピーな気分で

美味しい点心を食うことだ!!

タイム次第で点心の味が変わるのだ!!


一日中水泳のことばかり考えている

しかもいいイメージばっかりだ

前向きな性格でよかったなと思う


帰ってくるときには

今とは違った世界を見てくるぜ
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-09 16:01 | 水泳

「合格発表」

四半世紀しか生きていないが

いままでで最もうれしかったのは

大学の合格発表である


思い出すといまでも

なんとも表現しがたいような気持ちになる

浪人中は

「今は我慢して、我慢して

合格したら、夢のような世界が自分を待っている。」

と思っていたが


実際大学に入ったら

その予想以上にエキサイティングな世界が広がっていて

本当にあのときに折れずに頑張れてよかったなと思う


僕が何かの判断を下すときに

最も大事にするものの一つが「経験」である


自分が経験したことが

自分に自信を与えてくれて

判断や行動の大きな手助けとなる

もちろんそれがすべてではないが大きな要素である


経験したことがない出来事には

いままで自分が経験したケースを当てはめて

自分ならどうできるか判断の手助けとする

根拠のない自信はなかなか持てない


浪人中の受験勉強は

自分が真剣になったときに

目標に向かってどれほどまで頑張れるのか

という自信になった


でもあれから5年経って

その経験による自信も少々賞味期限切れかもしれないなと感じる


常に情熱的にいたいと思う
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-07 13:26 | 水泳

「春を感じない」

例年であればこの時期あたりに春をもっと強く感じていたと思います

気がつけばうちの学校の合格発表も明日

まさに春なんだけど

3/30まで学校があるから

なかなか新しい季節を感じられないものなのかなと思ってしまいます


年度末という大きな節目を迎えるので

心機一転で何か新しいことでもしたくなるのが

この季節


でも今のところなにか新しいことをしたい欲望には駆られないです

でも欲しいものがあります


まずイヤーノートという分厚い参考書が欲しいです。

2万円くらいしたと思いますが

この欲しいという情熱があるうちに買いたいです


5万円くらいするポケット電子辞書が欲しいです

人が使ってるのを見てよさそうにみえるのです

情熱だけは消さないようにします


本当は関東冬季を新しい水着で泳ぎたいなと思ったのですが

すんでのところで我慢しました

持ってる水着で勝負できるはずです


大会が終わったら一段落でもう少し春を感じるかもしれません

単純に学年が上がる自覚がないのかもしれないです

6年生…

1年のときはすげー大人に見えたけど

自分はあのときの6年生とずいぶん違うなぁと感じてしまいます

まだまだ成長ができるということで

前向きに捉えておきます
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-06 15:52 | 水泳
大会まで1週間を切ったので

クレアチンローディングを始めた

簡単にいうと怪しげな白い粉を

毎日3~4時間ごとに5gずつ

1日5回ほど摂取するのがクレアチンローディング



前回の道学のときは

かなり飲むのを忘れてしまうことがあった・・・

数時間毎に薬(クレアチンは薬ではないが)を摂取するというのは

結構難しい


しかもパウダーなので、水がないと飲めない・・・


でも今回は忘れないように

ポリクリに持って歩く作戦でいこうと思う

英語で書かれた怪しい薬だが

白衣で持ち歩けば違和感ない気がする・・・。
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-03 18:45 | 水泳

「関東冬季」

再来週の日曜日は関東冬季という短水(25mプール)での公認大会だ

12月の道学が終わってから

冬季まで3ヶ月と時間がないなぁと思っていたが

過ぎてみれば結構練習できたし

いろいろと新しいことにも取り組めたと感じている

少なくともあっという間ではなかった



しかしそれが果たして効果的だったのか?

というのはやはりタイムでしか表せないと思う


誰の言葉だったか忘れたけど





「勝ちに偶然の勝ちあり、負けに偶然の負けなし。」




という言葉が好きである


結果が出せなければ

そこに偶然はなく必然的な結果として受け止めるべきなのだ


エントリーしたのは

当然専門種目の

100mBrと200mBr

目標はたっきーさんの魚新より速く泳ぐことである

短水なんだから、頼むよ俺



一緒にエントリーしたマイト達と

全員でいい結果を出して

浮かれた気分になりたいなと思う


ベスト出してうおぉぉぉーと叫ぶ瞬間が好きである

仲間がベストを出して、俺がうおぉぉーと叫ぶ瞬間が好きである

妄想すると今からドキドキする
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-02 10:10 | 水泳

「逆輸入スイマー」

実は僕の母もスイマーだ。

親子でスイマーという人はと少なくないだろう

僕も子供ができたら水泳をやらせたいな~、と妄想している



しかし僕の場合は母が水泳をやっていて始めたわけではない

そもそも僕は大学に入って、20歳の時に水泳を始めたのだから当然だ


母は、僕が大学に入って水泳をはじめて

僕の水泳の話を聞くようになってから

「私もやりたいな~。」と言い始め、

僕が2年生の時に、地元の小さなスイミングスクールの会員になった。


健康にいいし、体を動かしたいというのが動機だったらしい。


最初のうちは、初心者用のレッスンを受けたり

自由に泳いで水泳を楽しんでいた

そうとう楽しいらしく毎日のようにプールに通っていて

バタフライが泳げるようになった時は

うれしげに自慢してきた


そのうちにプール仲間の奥様集団に誘われて

マスターズの練習に参加し

いつのまにか大会に出場し、リレーにも出るようになった


地方の大会に出るために

日曜の朝早くから家を出る母の話を聞き

いつの間にそんなにハッスル母さんになったんだよ(^^;

と驚いた


さらにそのうち

小さな大会では表彰台に上るようになり

僕に自慢してくるようにまでなった


最近では

「マスターズの練習の日は、行くのが億劫なんだよね~。」

と言ったりもするようになった。

そりゃ自由に泳いだほうがしんどくなくていいだろう。わかるわかる。

でも先日の大会でもベストタイムで泳いだらしく

うれしそうにメールをくれた


気がつくと競泳スイマーっぽい僕の母親

僕はまだ表彰台に上ったことがないけど

今年は絶対に上りたいなぁと思う


僕が先に始めたのに

母にばかり自慢させておくのは少々悔しいので…(^^;
[PR]
by yuzurhythm | 2007-03-01 14:47 | 水泳
練習後のクーリングダウンは何のために行うのか?

感覚としてメイントレーニングの付け合せ

「刺身のつま」のようなものだと考えてしまうだろうか?
(刺身のつまも意味があるのだろうが(^^;)

自動的に練習に組み込まれているから

ルーチンとしてなんとなくすごす時間になってしまうかもしれない

しかし実際それは間違った考えだ


目的や意味を持たずに取り組むことは

非常につまらない時間を過ごすことになる

そうなるとみんなと談笑しながら時が経つほうが

有意義に感じてしまうかもしれない



クーリングダウンを行うことは

・激しいトレーニングで収縮のほうに傾いている過緊張の筋肉を元に戻す

・乳酸の除去を早めてくれる

という効果がある


つまりこれを行うことにより

・怪我の防止
・次の練習をいいコンディションで取り組む

ということにつながる

c0093167_142885.jpg
ダウンは今日の疲れを取り除き

明日の練習の質を高める意味がある!!

丹下段平的に言えば

「あしたのために~その1~」って感じだ




さらにダウンを取り組むときにも

ストローク数や呼吸、ターン、けのびなどを確認して

技術の向上を求めることもできる

おいしい時間の使い方だ


これからしばらく指定ダウンになると言う話だが

ダウンを行うという癖をつけるにはいいかもしれない

僕も自由ダウンが好きなのだが

最近胸を張ってダウンを「やっている!」とは言えなかったから

耳が痛かった


もう一度気を引き締めようと思う

naoyanが言っていたように

やらなきゃいけないのではなく

やって当然と言う感覚を持っていたいものである


いい加減にダウンの時間を過ごすのは

あしたの自分に嘘をつくこと


「嘘じゃないよ。あしたも真面目に練習するよ。」

ってダウンで証明しないとね


マネージャーも

俺が脇でだらだらしゃべってたら

教育的指導をしちゃってください☆
[PR]
by yuzurhythm | 2007-02-27 14:12 | 水泳

「ぶらさがりたくなる」

ぶらさがれそうなものを見るとぶらさがりたくなります

無性にぶらさがりたくなるのです

そしてチンニングを行いたくなるのです


説明しよう!!

チンニングとは主に広背筋を鍛えるトレーニングなのだ!

小・中学生のときに体力測定でやらされる

懸垂運動に似ているが違うのだ!

広背筋などの背部の筋肉を効率よく鍛えるために

グリップを広く取り、かつオーバーハンドグリップで行うのだ!

そして顎を突き出すように上に上がるのではなく

バーを胸にひきつけるように上に上がるのだ!


このチンニングが広背筋の広がりと厚みを作り出してくれるのだが

麻薬のような効果があり、ぶらさがれそうなものを見ると

チンニングをしたくなる



病室だとカーテンレールで

手術室だとライトだ

でもどっちもぶらさがったら壊れそうだ

だから我慢している…


サクションチューブ(詰まった痰とか色々吸うチューブ)

でチューブトレーニングしたいときもある


暑い手術室でじっとしていると辛くて

体を動かしたくなるのかもしれないなぁ
[PR]
by yuzurhythm | 2007-02-24 13:08 | 水泳